アミュモバにログインするには
A!-IDが必要です。

【A!-ID】について
【アミュモバIDをお持ちの方へ】
2015/03/01以前にアミュモバに登録されていた方は、まずA!-IDでログイン後、手続きしてください。

NEWS ニュース
【重要】Windows XP・フィーチャーフォンをご利用の方は必ずご一読ください
2018/02/23
渡部秀、戸谷公人
映画『シュウカツ2』特別先行上映舞台挨拶に潜入!
2018/02/23
甲斐翔真
「仮面ライダーパラドwithポッピー」初日舞台挨拶に潜入!
2018/02/22
吉沢亮
映画「リバーズ・エッジ」公開記念舞台挨拶に潜入!
2018/02/21
MIMIY
「もしもし!アミューズ キャラ部です」194話更新!
2018/02/21
富田健太郎
「朝ごはん男子」#3 富田健太郎サイン入りチェキ&感動オリーブオイル「ディエボレ ノッチェラーラ」を1名様にプレゼント!
ご利用の皆様へ
【アミュモバからのお願い】

福山屋




島ゆいか新企画インタビュー
【前編】

2017年は、自身にとって初舞台となる『オーバーリング・ギフト』への出演や、ユーミン × 帝劇Vol.3『朝陽の中で微笑んで』に出演し、女優として大きな一歩を踏み出した島ゆいか。
アミュモバでは、そんな島ゆいかの新企画をスタートすることが決定!!
その名も「YUICAMERA STORY 2018」
この企画の詳細は、追って紹介することとして…
この機会に、より多くの方に「島ゆいか」を知っていただこうということで、直撃インタビューを行いました。
ボリュームたっぷりのインタビューとなったので、2週にわけて前編後編の2本立てで掲載いたします!
まず前編は【2017年のお仕事を振り返る】というテーマでお届け!

——2017年は初めて舞台に出演するなど、新しい挑戦が多い1年だったと思います。
まずは、初舞台『オーバーリング・ギフト』の感想を教えてください。

1つの役をあんなに長い期間演じた経験は初めてだったので、とても勉強になることが多かったです。
そして、キャスト・スタッフの皆さんがすごくいい方ばかり恵まれていたと思います。
「舞台をやると皆と仲良くなるよ」とは聞いていたのですが、皆さんとは家族のような関係になれたなと思います。
初舞台で、かつミュージカルも初めてだったので、映像とは発声がまるで違って、声が届かないという壁にぶつかることもありました。
そんなときは、舞台経験が豊富な猪塚さん、風間さん、加藤さん、そして中村百花さんにとても助けていただきました。
発声からストレッチまで一緒に毎日やっていただいたのですが、それがあったからこそ今の私がいると思えます。
いまだにそれを続けていて、初舞台がこのカンパニーですごく良かったなと思っています。

——初舞台とは思えない程、堂々と演じているように感じました。
ありがとうございます!
映像作品とはまた違った自分が発見できたので、自分にとっても大きな出来事だったと思います。

——キャストの皆さんとのエピソードは何かありますか?
稽古はお昼過ぎから始まることが多かったのですが、皆で連絡を取り合って10時くらいから「自主練しよう!」という流れになることがよくありました。
そういう時に、皆さんが私の役についても分析してくださって、答えを押し付けるのではなく役作りのヒントをくれるので、「一緒に作っていこう」という感覚でした。
後輩だから「先輩には言えない」と遠慮することはなかったですし、わからない部分は先輩に聞いてクリアにしてから一緒に進んでいく…というようなカンパニーで。
すごく良い先輩たちでした!

——富田健太郎さんや溝口琢矢さんとは同世代ですね。共演はいかがでしたか?
琢矢(溝口)やトミー(富田)とは、高校生の頃、一緒に稽古をしたことがありました!
(溝口)琢矢とは、中学生の時から一緒に稽古をしたこともありましたが、私は熊本から通っていたこともあって、ちゃんと話すのは今回が初めてで新鮮でした。
(共演してみた感想は)すごく刺激になりました!!
2人とも、お芝居に対する情熱がすごいから…。
稽古の後「今日のお芝居はこうだった」とよく話していたのですが、それが楽しかったし、刺激を受けました。
私たち3人とも先輩にすごく助けていただいていたので、「お芝居で返していこう!」という姿勢でいたんだと思います。

——初舞台『オーバーリング・ギフト』への出演の後は、ユーミン × 帝劇Vol.3『朝陽の中で微笑んで』への出演もありましたね。
この作品に出演が決まった際の感想はいかがでしたか?

驚きしかなかったですね。…帝劇!?と(笑)。
当たり前ですが、客席から観る帝劇の景色しか知らなかったので…
まず、『オーバーリング・ギフト』に出演する前は自分が舞台に立つことさえも想像ができなかったので…
帝国劇場の舞台に立てるという喜びももちろんありましたが、驚きの方が強かったです。
出演が決まった後に、改めて「自分がこの舞台に立つ」という気持ちで帝国劇場に観劇に行ったのですが、感覚は全然違いましたね。

——具体的にどう違ったのでしょうか…?
劇場から感じる「圧」というか「エネルギー」に気負けしそうになりました。
「ここに立つのか…実感がわかない…」という気持ちで、ずっと半泣き状態で観劇していました(笑)

——ミュージカルはもともと好きだったのですか?
好きでした!もともと大好きで観に行くことも多かったですし、事務所の先輩方の出演する作品を観る機会も多かったです。
でも、まさか自分がミュージカルの舞台に立つとは、少し前までは想像もしていなかったです。

——ユーミン × 帝劇Vol.3『朝陽の中で微笑んで』で松任谷由実さんと同じ舞台に立った感想はいかがでしたか?
何十年も活躍されているということもあって、由実さんは考え方も、やってらっしゃる事も、本当にパワフルな方でした。
本番前に行われるサウンドチェックの時も、由実さんは毎日5曲フルで歌われていたんです。
この時から100%で歌われるので、他の出演者も全員サウンドチェックの時間より前に劇場に入って、由実さんの歌を聴いてから舞台稽古をする…というスタイルが多かったです。
カンパニー全員の名前も覚えてくださっていましたし、気さくに話しかけてくださるような優しい方でした!

——憧れだった帝国劇場の舞台に立てたわけですが、次の目標は何でしょうか?
またもう一度帝劇の舞台に立つことです。
それが、今一番の目標です。
『オーバーリング・ギフト』に出演させていただいた時は、初めてミュージカルを経験して、「舞台が好きだ」って毎日思いながら公演をしていました。
そんな時に『朝陽の中で微笑んで』に出演させていただくことが決まったので、本当に幸せでした。
そして、帝劇の舞台に立たせていただいたことで、「また帝劇の舞台に立ちたいな」「また帝劇のスタッフさんたちとお仕事をしたいな」という気持ちでいっぱいになったんです。
また、今回の作品ではお芝居のみだったので、次は「ミュージカル作品で帝劇の舞台に立つことができたらいいな」ということが目標です!

——2017年は「舞台」というフィールドで活躍の場を広げた島。
夢を語る様子はキラキラとしていました!さらなる活躍に期待です!!
さて、次は映画についてお話をうかがいたいと思います。
映画『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』では撮影でスペインに行かれていましたね!
何か海外での撮影のエピソードはありますか?

長めの滞在だったのでWi-Fiを持っていこうかと思ったのですが、持っていったらずっと携帯を触ってしまうだろうと思い、今回は思い切ってWi-Fiを持たずに行きました!
撮影は主にシッチェスとバルセロナで行われたのですが、シッチェスはリゾート地で海が綺麗でしたし、路上でパフォーマンスをしている方がたくさんいて…
自分のカメラを持って行ったので沢山写真を撮って過ごしていました!
(※アミュモバでもその写真を公開しています!)
バルセロナでは、1人でサグラダファミリアに行きました。
1人で1時間半以上じっくり観て、あっという間に時間が経っていました。
映画の撮影ももちろん充実していたのですが、いろんな芸術に触れることができたのでオフの時間もすごく充実していました。

——…それにしても、海外に長期滞在するのにWi-Fiを持って行かないなんて随分思いきりましたね(笑)移動などは大丈夫でしたか?
ホテルにWi-Fiがあると聞いたので、大丈夫かな!と思って(笑)
移動に関しては、皆で出掛けた際に道順や電車を覚えておいて、自分の記憶だけで電車に乗っていました!
だいたいこの位で着くかな?と予想した時間に到着しなくて、ドキドキしたことも…(笑)
次に海外行くときは、Wi-Fi持っていこう…って思いました(笑)

——オフの時間は1人行動もしたということでしたが、普段から1人で色んなところに出掛けるタイプなのですか?
そうですね!
映画『8年越しの花嫁 奇跡の実話』の時も、撮影は岡山で行われたのですが、早めに岡山に行って、1人で直島に行ってみたりとか。

——1人行動派ですか?
1人で”も”行動する、ですね!
(…と言った瞬間にマネージャーが「1人”で”行動する、が正しいですね(笑)」とカットイン(笑))
…あはは(笑)誰かと一緒に行動することもありますよ!
(マネージャー「それは2%くらいでしょう(笑)」)

——マネージャーからのツッコミで、1人で行動することが多いということがわかったのですが(笑)、誰かとつるむのは嫌い!ということなんですか?!
全然そんなことはないですよ!
(マネージャー「とりあえず、自由すぎるんです」)
友達とどこかに行く時は、たしかに「ここに行きたい」「あそこに行きたい」と振り回しちゃうタイプかもしれません。
そしてさらに、大人数で出掛ける場合は、それさえも言わなくてもいいかと思って、スッと行きたいところに勝手に行って戻ってくる…みたいなタイプです(笑)
でも、昔は修学旅行でリーダーをやるようなタイプでした。そういうときはきちんと仕切れます!
だから、多分やろうと思えばできるけど、思うがままに行動しちゃうこともある…のかもしれません(笑)

——さて、映画『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』の他に 映画『8年越しの花嫁 奇跡の実話』に浜野謙太さん演じる室田浩輔さんの妻役でも出演した島。
事務所の先輩でもある、佐藤健さんとお芝居するシーンもありましたね。いかがでしたか?

目力がすごい!という印象でした(笑)
お話しすると気さくで面白い方で、良い先輩でした。
冒頭の合コンのシーンは、かなり長時間の撮影だったんです。
だからなのか、皆さんのアドリブが連発していてとても面白い撮影でした(笑)
クランクインして最初のシーンだったので、いいスタートを切れたなと思いました。

——映画『8年越しの花嫁 奇跡の実話』は動員数が160万人を超えるなど大ヒット中の話題作ですが、実際に映画をご覧になった感想はいかがでしょうか?
実際に尚志さんと麻衣さんにお会いしたのですが、本当に魅力的なお2人で。
尚志さんが麻衣さんを想う気持ちが本当に素敵で、それがこの作品に詰まっています。
私、最後のシーンのセリフがすごく好きで!
小豆島で、麻衣さんが「あなたをもう一度好きになりました」というシーンが本当にたまらなく好きなんです。
人を愛するってことは本当に素敵だな、と改めて思える作品なので、是非ご覧になっていただきたいです!

…ということで、島ゆいかの2017年のお仕事を振り返る形でインタビューを行いました!
2018年もさらなる飛躍にご期待ください♪
後半のインタビューの更新もどうぞお楽しみに…!


(次回、アミュモバ新企画の全貌もあきらかに…?)





島ゆいかページ
利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表記 | FAQ・お問合せ | 会員登録 | 著作権管理団体許諾番号