Paraviオリジナルドラマ「love⇆distance」リモート囲み取材レポ―ト

渡邊圭祐

<全1ページ>


6月27日より動画配信サービス「Paravi(パラビ)」にて配信中のオリジナルドラマ「love⇆distance」に、
フォトグラファー・浅野千秋役として、渡邊圭祐が出演しています。


ドラマの舞台は2020年初夏。変わり続ける世の中で、それでも変わらない普遍的なものはあるのか?「love⇄distance」は、
「人との距離(ディスタンス)」を意識せざるを得なくなった今だからこそ大切にしたい「心の距離」を描く、“愛”と“距離”のものがたりです。

渡邊が演じる千秋は、コロナ禍で仕事がなくなったフォトグラファーという設定。
同じマンションに暮らす男女6人が、出会い、心を通わせていく様子を描く本作で、千秋はどんな役どころなのか、
さらには自粛期間の過ごし方などのプライベートに至るまでを語ったインタビューの模様を、レポートします。



フォトグラファー・千秋役

僕が演じる千秋はポジティブな人です。フォトグラファーという立場で仕事ができなくなっても、
ふさぎ込まずに今できることを見つけて、些細な日常の美しさを切り取っています。
そういう生活の中で水川あさみさんが演じる美和に出会って、恋愛に発展していくんです。


美和は清原翔さんが演じている滝口彰の妻という立場。千秋は自分の「思いを伝えたい気持ち」と、「距離を保たなきゃいけない気持ち」のなかで揺れていきます。
いまは物理的にも距離を保たなきゃいけない時期ですが、千秋は美和と倫理的にも距離を保たなきゃいけない人物です。
その制約のなかで千秋は精一杯の積極性を発揮しているというか、うまい線引きをしているなと思います。

自粛期間にたまたま僕もフィルムカメラを始めていて、千秋という役には少し運命を感じました。僕も千秋みたいにポジティブなので、マインドも似ています。
撮影中もカメラをずっと触っていて、500枚近く自分でも写真を撮っていました。
千秋が撮るのはほとんどベランダにいる美和とお花なんですけど、水川さんとお花の相性が本当によくて、「思わず撮ってしまう」感じがありました。

作中では千秋が初めて美和さんを撮ったという設定の写真が出てくるんですが、
これは実際にフォトグラファーとして活躍されている魚住誠一さんという方が撮ってくださっていて、すごく素敵です。
“胸キュン”といいながら、切ない立場にある千秋ですが、この写真でキュンとしていただけたらと思います。



“恋つづ”から緊急事態宣言、怒涛の2020年上半期。

『恋はつづくよどこまでも』に出演して、今までは仮面ライダーで知ってくださった子どもたちや親御さんに声を掛けられることはありましたが、
街で20代くらいの方にも声を掛けられるようになり、変化を感じています。

役作り的な意味でも、特撮の撮影では長期間一緒の役者とお互いのことをよく知ったうえで演技をしていましたが、
今回は撮影期間が10日間だったり、“恋つづ”でいえばワンクールであったりと、お互いがどんな人かわからない状態で演技をしなければいけなくて。
自分の中で勝手なイメージを持たないように、あくまでも相手から来たものに対して柔軟に受けて返していこうと、より強く思うようになりました。

“恋つづ”だったら健さんや、今回も水川さんなど、キャリアを積まれた方とご一緒する機会も増えて、皆さんの台本の理解の深さには刺激を受けます。
自分も、もっともっと深いところで台本を理解して、もっと飛躍させていきたいです。



2020年下半期、「神木くんになりたい」⁉

自粛期間中は、こんなにまとまった時間がいただけることってもうないかもしれないと思って、
フィルムカメラもそうですが、普段は見ないような映画を見たり、料理も始めて、ハンサムの中で料理上手な人にオススメを聞いたりしました。
石賀和輝くんが「鶏肉を煮込むといい」って教えてくれて作ったり…。おいしくできましたが、料理はもうしていません(笑)。
期間中、僕もエンタメに救われた部分が大きかったですし、オンラインという手段も増えたと思っているので、
これから先、応援してくださる皆さんと一対一で向き合える場なんかができてもいいと思いますし、やってみたいです。

2020年の下半期、まだ俳優としては3年目に差し掛かるタイミングですが、僕と同い年でいうと神木くんなんて芸歴25周年なわけですよ(笑)。
そういう、“テレビで観ていた”みたいな感覚を抜きにして、さまざまな方と話せるくらい、僕も経験を積みたいです。
……目標は「神木くんになりたい」(笑)。250の質問とかも読ませていただいて、僕の名前も出してくださっていたので、
今度は僕も神木くんの名前を出す番かなと(笑)。いつかお芝居でも共演できたらいいですね。

この期間、ハンサムでLINELIVEをしたり、僕自身もインスタライブをしてみたり、今まで見せていなかった素の自分を応援してくれる方に見ていただけるタイミングがたくさんありました。
そんな期間を経て、この「love⇆distance」などの作品から、またフラットな目線で皆さんに「仕事をしている自分」を見ていただけると思っています。
改めて、よろしくお願いします!




Paraviオリジナルドラマ「love⇆distance」出演記念!サイン入りチェキを2名様にプレゼント!

Paraviオリジナルドラマ「love⇆distance」の出演を記念して、
渡邊圭祐の直筆サイン入りチェキを、アミュモバ会員の皆様から抽選で2名様にプレゼントいたします!

下記のボタンから詳細をチェックして、ぜひご応募ください!