アミュモバにログインするには
A!-IDが必要です。

【A!-ID】について
【アミュモバIDをお持ちの方へ】
2015/03/01以前にアミュモバに登録されていた方は、まずA!-IDでログイン後、手続きしてください。

NEWS ニュース
◎重要◎フィーチャーフォン版チケット先行サービス終了のお知らせ
2018/09/23
三船海斗、池田健一郎
「大学生の夏休み in 下北沢&渋谷」公開!
三船・池田セレクトの雑貨&直筆サイン入りチェキを2名様にプレゼント!
2018/09/22
桜田通
「うちのどおりいぬ」結果発表!
2018/09/21
野村周平
映画「純平、考え直せ」完成披露上映会舞台挨拶イベントに潜入!
2018/09/21
吉沢亮、安田顕
ロッテ「ポリフェノールショコラ」Web ドラマ完成披露試写会に潜入!
2018/09/21
田川隼嗣
田川隼嗣『えもすたぐらむ』更新!
ご利用の皆様へ
【アミュモバからのお願い】

福山屋

インタビュー
2018年8月7日
『仮面ライダージオウ』出演! 渡邊圭祐インタビュー
渡邊圭祐


9月から始まる『仮面ライダージオウ』に、ウォズ役で出演することが発表された渡邊圭祐が、アミュモバ初登場!
『仮面ライダージオウ』についての話はもちろん、どこよりも早く、渡邊圭祐の人柄や私生活に迫ります!
そして、仙台出身ということで、仙台の魅力についても熱く語ってくれました!
先日のアーティスト写真撮影現場の様子と併せてお届けしますので、ぜひチェックしてください!


▼こちらもチェック!



■裏方だったのにモデルへ!?



――アミュモバ初登場!ということで、まずは、アミュモバをご覧の皆さんに自己紹介をお願いします。
宮城県仙台市出身、24歳、渡邊圭祐です。よろしくお願いします。

――早速ですが、この世界に入ったきっかけを教えてください。
宮城の大学に通っていた時に、学祭を運営する委員会で、ミス・ミスターコンテストの運営をしていました。
当時、大学2年生で照明を担当していたのですが、
その時に、ミスコンの審査員として来ていた仙台のモデル事務所の方にスカウトされたのがきっかけです。
元々興味のある世界だったので、事務所にお伺いし、そこからモデルをさせてもらうことになりました。
活動をしていく中で、『モデルからもっとステップアップしていきたい』、
『仙台で終わりたくないな』という気持ちがすごく強くなってきて…
そんなことをいろいろな人に話していた時、アミューズを紹介してもらいました。


――学祭の裏方にいたのに、いきなり表舞台に立つことになったんですね!
モデル活動をされていたとのことですが、具体的にはどんな活動をしていたんですか?

仙台の有名なアーケードで行うファッションショーに何年か連続で出演させていただいたり、
東北地方のCMに出演したりと、仙台でのモデル活動がメインでした。


――先ほど『もっとステップアップしていきたいと思った』というお話がありましたが、
モデル以外のことにもチャレンジしたいと思ったきっかけはあったのですか?

“きっかけ”というほど、自分の中でもはっきりはしていないのですが、
劇団のワークショップに参加させてもらった時はすごく楽しかったです。
一週間後くらいにその劇団の公演があったのですが「出ませんか?」というお話をいただいたのがすごく嬉しくて、
もっとやってみたい!チャレンジしたい!と思いました。



――このインタビューで皆さんにご覧いただいている写真は、
アーティスト写真撮影時のものですが、一番気に入っている衣装はありますか?

個人的にはこのブラウン系の色味の衣装はすごく好きでした。
普段あまり着ない色味なので、意外といけるのかも、という発見もあって気に入っています。


――この衣装での撮影時は、スタッフも「いいね!」と特に盛り上がっていた印象があります!
階段とか落書きとか、ストリートな感じがすごく好きなんです。なので、自分でも気分が上がっていたのかなと思います。




■『仮面ライダージオウ』に出演決定!



――9月から始まる『仮面ライダージオウ』ではウォズ役で出演することが発表されましたね!
出演が決まった時はどんな心境でしたか?

純粋にびっくりしましたね。こんなことあるんだなという気持ちです。
役者のオーディション自体初めてで、手探りの状態だったのですが、決まった時はすごく嬉しかったです。


――渡邊さんが演じるウォズの役どころを教えてください。
ウォズは善なのか悪なのか分からなく、敵・味方どちらかに属するでもなく、未来を予言する謎の存在です。
視聴者目線に一番近い存在かも。すごく謎が多い役なので、僕自身もまだ分かっていない部分があります。
未来を知っているのか?、他の人の発言や行動にびっくりしないキャラクターで、わりと無感情な役だと思います。
どのように物語に絡んでいくのか僕自身も楽しみです。


――ウォズはわりと無感情な役ということですが、渡邊さん自身は感情を出す方ですか?
どうなんですかね…でもすぐ泣きます(笑)

――そうなんですね!どんな時に泣くんですか?
基本的には悲しい時ですね。今回東京に来ることになって、24年間住んだ仙台を出るタイミングでは…泣きませんでした(笑)
セブ島に2か月間留学していたことがあったのですが、
そこで知り合った日本人の友達と別れる時は、タクシーの中でバカみたいに泣きました。
自分で言うのもあれなんですが、ものすごく情に厚いのかなと思います。
そういうところはウォズとは全然違いますね。涙もろいです。


――すでに『仮面ライダージオウ』の撮影が始まっているとのことですが、実際に撮影に入ってみてどうですか?
毎日勉強することばかりですが、単純に楽しいです!
自分が「こうしてみよう」と考えて持っていたものが全部崩されて、「こういうのもあるんだ」とか、
逆に自分が考えて持っていったものがそのまま使ってもらえたりすると嬉しいです。


――共演者の皆さんとはよく話されるんですか?
すごく会話してますね。皆さん僕より年下なんですけど、イジられてます(笑)
とても楽しく撮影しています。





■東京では公園で散歩生活!?



――ここからは渡邊さんのプライベートについて伺います。
仙台出身の渡邊さんは、最近仙台から上京してきたとのことですが、新生活はいかがですか?

元々実家暮らしだったので、東京で一人暮らしを始めてすごく自由だな~って思いました。
自由なのはすごくいいんですけど、自由すぎて何しようかな?ってなっちゃいますね。
楽しいですけどまだうまく楽しめていない気がします(笑)。
あとお母さんって偉大だったなって思いますね。こんなにすぐ部屋汚くなっちゃう?って…(笑)


――「何しようかな?」と思う時間が多いということですが、そういう時はどのように過ごしていますか?
基本的にずっと映画を観ていますね。あと僕すごく公園が好きみたいで、近くの公園に散歩しに行ったりしてます。
台本を復唱しながらとか、音楽を聴きながら、公園にいる人たちをずっと見ていて。
僕の時間の使い方は普通の人からすればつまらないかも (笑)


――インドア派なんですか?
アウトドア派なんですけど、まだどこに何があるのか東京は全然つかめてなくて、外出しようにも何しようかなという状態です。
考えてから行こうと思うと、公園に行ってるんですよ。気づいたら夕方になってる(笑)。
本当は外に出て何かしたいんですけど、どこで何ができるのかが分からないので…
なので今はひたすら散歩して映画を観て寝る生活です(笑)。


――元々アウトドア派ということですが、アウトドアだとどんな趣味があるんですか?
自転車が好きなので、自転車で遠出したりしていました。
温泉も好きなので一時間半くらい自転車を漕いで温泉に行っていました。
東京には自転車を持ってきていないのでどうしようかな。とりあえず公園で散歩ですね(笑)。


――よく映画を観るということですが、好きな映画はありますか?
『スカーフェイス』という映画が一番好きです。
すごくざっくり言うとマフィアの世界で成り上がる人の話なのですが、好きというか一番衝撃的だった映画です。
非日常的すぎるのに、なんでこんなにカッコいいんだろうって。主演のアル・パチーノさんがどのシーンでもカッコいいんですよ。
良くない人の役なのになぜか憧れてしまう。出てくるセリフも好きで、自分の中で印象に残る作品です。





■仙台っ子がおすすめする“仙台”とは?



――プロフィールの趣味に「ロックフェス」とありますが、好きなフェスを教えてください!
やはり、仙台でやっているARABAKI ROCK FEST.です。
東北は3.11の東日本大震災があって、そこからいろんなフェスを開催するようになったり、
被災地こんなもんじゃないでしょ!っていうエネルギーをロックバンドの人たちが届けてくれるんです。
4月の風が気持ちいい中で、桜が散って、爆音が流れて、お酒に酔って、音楽にも酔うという。
ARABAKIは毎年行きたいなって思うくらいすごくいいフェスですね。
キャンプサイトもあるので、一度キャンプをやったのですが、その日は風が吹いていて本当に寒い日で。
お風呂に入っている間に、一緒に行った先輩が芋煮を温めておいてくれることになったのですが、
仮設のお風呂に2時間くらい並んで入って戻ったら、小さなコンロだったので鍋に対するサイズが全然合わなくて、
2時間温めても冷え冷えのままだったんですよ(笑)。結局食べられず、お酒だけ飲むということがありました。
本当に寒くてどうしようもなかったので、ARABAKI は行って帰って、また行って、というのがいいなと(笑)。


――「芋煮」の話がでましたが、仙台の方はよく「芋煮会」をされるんですか?
えっ芋煮会しないんですか!?(マネージャー:そもそも芋煮って何?)
豚汁みたいなものですけど、豚汁って豚メインじゃないですか。芋煮は芋メインです。里芋やジャガイモです。
仙台は味噌ベースなのですが、山形で作ると醤油ベースのつゆでまた味が違って。
宮城って東北の中でも大きい都市なので、山形や福島出身の人が集まるのですが、芋煮会は絶対あるんですよ。
そこで山形組と仙台組に分かれて、味噌と醤油で作ってどっちがうまいか競ったりしました。おいしいですよ!


――仙台で生まれ育ったということですが、仙台のおすすめスポットはありますか?
これ、難しいんですよ。ないんです…。仙台のおすすめスポットってネットで調べれば大体出てくるんです(笑)。
仙台人としてはそういうところ以外を紹介したいって思うんですけど…。


――牛タンなど美味しいご飯を食べに行くのがいいですかね?
食もいいと思います。あと、仙台は基本、車があった方がいいですね。
海鮮を食べに行くにもちょっと遠かったりするところも多いので、レンタカーは借りた方がいいと思います。
おすすめと言えば、定義山という山が僕は好きです。ぜひとも行ってほしいです。
そこでは“三角油揚げ”という、大きな油揚げを山の上で自然に囲まれながら食べられるんです。めちゃめちゃおいしいですよ。
仙台は牛タン、笹かま、ずんだとかが有名ですが、僕は三角油揚げが一番おいしいと思います!
あとはずんだシェイクを飲んで帰ってもらえれば満足です(笑)



■何でもできるアーティストになりたい



――そして、TwitterとInstagramを始められましたが、どんな投稿をしていく予定ですか?
まだ始めたばかりなので、これからいろいろ考えてやっていきたいと思っていますが、
基本的には僕自身が撮影の合間に撮った写真や、感想などを投稿していく予定です。
普段なかなか伝えられないようなことをTwitterとInstagramを使って皆さんにお届けできればと思っています。


――役者としてのチャレンジも始まったばかりですが、今後はどんなアーティストを目指していきたいですか?
何でもできる人になりたいです。どんな作品でも“ここに置いておきたい”と思ってもらえる、幅広い人になりたいと思います。
“これだけ”じゃなくて“こっちもあるよ”というのを見せていきたいです。


――先ほどの好きな映画の話に関連して、悪役を演じる渡邊さんも見てみたいですね!
すごくやりたいです!どんな役をやりたいですか?って聞かれたら「悪役」って答えます(笑)。

――最後に、こちらをご覧になっている皆さまに一言お願いします!
最後までご覧いただきありがとうございます。
『仮面ライダージオウ』が9月から放送になります。ウォズという謎の多い役なので、
一緒に考えながら見ていただけたら楽しんでもらえるかと思います。ぜひともご覧ください!





渡邊圭祐のアミュモバ初インタビューはいかがでしたか?
インタビュー中、とても穏やかな雰囲気で話してくれた渡邊。
渡邊の仙台トークで、アミュモバスタッフもすっかり仙台グルメが気になるこの頃です(笑)。

そして、撮影時にはクールな表情の合間に、さわやかな笑顔もたくさん見せてくれました。
今後、役者としてどんな顔を見せてくれるのか、『仮面ライダージオウ』でぜひチェックしてください!

でもその前に「もっと渡邊圭祐を見たい!」という方に、
インタビュー内には収めきれなかったカットをフォトギャラリーで用意しました!
ぜひこちらもチェックしてみてください!







■渡邊圭祐 Twitter 公式アカウントへ
■渡邊圭祐 Instagram 公式アカウントへ

■『仮面ライダージオウ』
[放送日時] テレビ朝日系 2018/9/2(日)スタート 毎週日曜午前9:00~9:30放送
[公式サイト] http://www.tv-asahi.co.jp/zi-o/


↓こちらもおすすめ↓
■『仮面ライダージオウ』制作発表会見に潜入!
■『仮面ライダージオウ』ウォズ役・渡邊圭祐にインタビュー!


渡邊圭祐ページ

インタビューTOP
利用規約 | プライバシーポリシー | 特定商取引法に基づく表記 | FAQ・お問合せ | 会員登録 | 著作権管理団体許諾番号