ボイたまプロジェクト

荒井 瑠里
Arai Ruri

PROFILE
生年月日 1996/2/5
出身地 栃木県
身長 154cm
趣味 カフェ巡り、写真、読書
特技 ダンス(クラシックバレエ10年、ヒップホップ5年)
出演

2018.5~
声優ライブアーティストプロジェクト「ライブレボルト」FIREVOLT
白石まどか役
https://liverevolt.jp/

点線

役をいただく≒他人の人生を担う

――アミュモバには初登場ということで、自己紹介をお願いします!
はい! 荒井瑠里と申します。ダンスとアニメを見ることが大好きです。
最近はタピオカを飲むことにもハマっています!
一時期は3日に1回くらい飲んでいたんですけど、さすがに飲みすぎかなと思って、今は週1回くらいに抑えています(笑)。
よろしくお願いいたします!

――すでに「ライブレボルト」ではステージにも立っていると思いますが、声優アーティストを志したきっかけを、改めて教えてください。
きっかけは、就職活動なんです…(笑)。
大学4年生になるまでは普通に就職しようと思っていて、就活も少しだけしていました。
就活って辛いものだと思うんですけど、「どうせ辛い思いをするんだったら一番好きなことをお仕事にしたいな」って思ったのをきっかけに、就活を全部止めて受けたのが、声優アーティストオーディション「ANISONG STARS」でした。
ボイたまプロジェクトの中では最年長なので、年下の子たちが声優になる夢を叶えているのは、わたしからすると本当にすごいなって尊敬しちゃいます。

――今年度から声優アーティストの活動に専念していると思うのですが、どんなアーティストを目指していますか?
目標は“生涯現役”です!
自分の好きなことをずっとしていたいっていう気持ちと、いま関わっている作品やキャラクターをずっと大切にしたいっていう気持ちが強いので、息の長い声優アーティストになりたいです。

――出演中の「ライブレボルト」のように、ステージにキャラクターとして立っていると、より作品への愛も強くなりそうです。そんな「ライブレボルト」は、改めてどんな作品なのでしょう?
「ライブレボルト」は漫画とライブを中心にメディアミックスしていく作品です。物語では、8人の女子高生たちが、それぞれ2人のユニットを組んでライブバトルをしていくので、キャラクターを担当する声優アーティストも8人でライブ活動をしています!

――荒井さんが担当する「白石まどか」についても、教えてください。
まどかは、主人公「藤原あかね」の親友なんです。あかねは天然なところがあって、まどかはそれにツッコんだり、呆れたりすることが多い、物事を冷静に捉えられる子です。
作品では、あかねとではなく、「時音ひなた(堀内まり菜)」と一緒に“FIREVOLT”というユニットを組んでいて、ユニット曲の作詞はまどかが担当している、という設定です。
その詞にもまどかのキャラクターが強く表れているので、楽曲を歌うときには、自分自身がまどかとして、自分で歌詞を書いたかのような気持ちで歌えるよう、歌詞をノートに書き写したり、一語ずつ考察したりして臨んでいます。

――役が決まった時の気持ちはいかがでしたか?
生まれて初めて決まった役なのでびっくりでしたし、うれしかったです。
でも、役をいただくって他人の人生を任されることのような気がして、恐怖もありました。最初は「役に向き合うって孤独だな」って思っていたんです。
でも、既に作品が始動している2018年の5月にわたしが白石まどか役だと発表された時、ファンの皆さんがとっても温かく迎え入れてくださって…。そんな皆さんや、一緒に活動するメンバーの存在を感じて、「怖い」とか「孤独」とかって思いながらステージに立つのは失礼なことだなって思いました。
いまは、自分の表現したい「白石まどか」を演じていこうと思っています!

――先ほども出てきましたが、堀内さんと一緒に“FIREVOLT”というユニットを組んでいるんですよね?
“FIREVOLT”は、まり菜が演じている上級生の時音ひなたが、あかねやまどかが入学した初日のオリエンテーションで、まどかをスカウトしたことで結成されます。
まり菜は小さなころから芸能活動をしていて、わたしは「ライブレボルト」がデビュー作。
ひなたとまどかの出会いと、まり菜とわたしの出会いは、なんだか少し似ているなって思います。

まだまだわからないことばかりですが、これまでのまり菜の頑張りを全部教えてくれているような…まり菜にはそんな意識はないかもしれないんですけど(笑)、その姿を見て学ぶことはすごく多いです。
特にライブ中は、まり菜とひなたが重なって見えることがあります。
刺激もたくさんもらっていて、信頼しているし、まり菜とバディを組めて本当によかった!

ライバルというより「仲間」です。

――確かに、キャラクターの関係と2人の関係はどこか重なって感じられます。そして、そんな2人も所属する、「ボイたまプロジェクト」がいよいよ始動しましたね!
そうですね! ボイたまのメンバー8人は、レッスンも一緒に受けていて、絆も強くて…。「一緒に成長して行こう」という意識が強いメンバーだと思います。8人でプロジェクトが始まるって聞いたときは、やっぱりすごくうれしかったです!

――朗読劇のイベントに出るためにはオーディションもあるとのこと。仲の良いメンバーとライバル関係になっていくと思うのですが、どう感じていますか?
最初は正直、複雑でした。でも、オーディションがあるって聞いてからも、ライバルというより「仲間」という意識が強くって、結果がどうであれ信頼しているし、お互いを高め合っていこうっていう気持ちは絶対変わらないなって思ったので、いまは前向きに捉えています!

――前回のストラボ東京『ボイトレっ!』でも、メンバー同士の強い絆が伝わってきました!
最後に、プロジェクトを応援してくださる皆さんへ、メッセージをお願いします!

8人がそれぞれ頑張って、直接皆さんの反応を自分の目で見られるプロジェクトになると思います。
こんな機会があることに感謝しなくちゃいけないし、この気持ちを忘れちゃいけないなって思っています。
朗読劇に挑戦する姿を見て何かを感じてくださったら嬉しいですし、「ボイたま」をいいなって思ってくださる方や、わたしに興味を持ってくださる方が1人でもいてくださったら嬉しいので、是非見守ってくださったらと思います!
また、今年はたくさんの作品に関わっていきたいと思っているので、応援していただけたら嬉しいです!

点線

■声優ライブアーティストプロジェクト「ライブレボルト」FIREVOLT
白石まどか役
[公式サイト]https://liverevolt.jp/

特集ページへ戻る