三吉彩花がプロデュース!映画「犬鳴村」主題歌を歌うMs.OOJAの撮影に潜入!

2020/02/04



2/7(金)公開の映画「犬鳴村」で主演を務める三吉彩花が、主題歌を歌うMs.OOJAさんの新曲「HIKARI」のアーティスト写真、ジャケット写真をプロデュースしました。



今回は、撮影現場の様子、Ms.OOJAさんとの対談インタビューを公開いたします!



CDタイトル「HIKARI」にちなんで、1日で様々な「光」を使用。この日は、早朝からスタッフが集まり、朝・昼・夕方と様々な「光」がMs.OOJAさんを照らしました。
スタッフと共に、ディレクターとして「この方がいいかも!」「すごくいい!」「キレイ!」と、試行錯誤しながら、撮影に臨んだ三吉。



撮影を引っ張っていく三吉に対し、OOJAさんから「先生!」と呼ばれたり…
普段はメイクさんが当てるブロワーも、スカートや髪の毛の揺れ具合を自分で調節してみたいとのことから、自ら風を当てる姿もみられました。



Ms.OOJAさんの魅力を最大限に引き出したいという三吉の思い、そしてスタッフの思いが一致して完成したアーティスト写真(左)、ジャケット写真(右)がこちら!



新曲のタイトル「HIKARI」の通り、「光」を感じさせる幻想的なビジュアルが完成しました!


三吉彩花×Ms.OOJA 撮影後インタビュー

――お二人は、映画『犬鳴村』をきっかけに知り合ったのですか?
Ms.OOJAさん:そうです。私が映画の主題歌を歌わせていただくことが決まって、2018年11月頃に撮影現場に行きました。
三吉彩花:映画を撮り始めた頃に、Ms.OOJAさんのMVもそこで撮ることになって、その時に初めてお会いしました。
Ms.OOJAさん:もちろん三吉ちゃんのことはテレビで観たりして知っていたんですけど、そこで意気投合して、そのあとも一緒にご飯を食べに行ったり、カラオケに行ったりして、プライベートでもお付き合いさせていただくようになりました。好みとかも似てたりして、すごく気が合いますね。

――さらに今回、「HIKARI」のビジュアル・プロデュースを三吉さんが担当されたということですが。
Ms.OOJAさん:三吉ちゃんが共通の友人に「私だったらMs.OOJAさんをこういう風にしたいな」ってポロッと言ったらしいんです。それをその友人が私に教えてくれて、だったら「HIKARI」のアーティスト写真を三吉ちゃんにプロデュースしてもらったら面白いんじゃないかって思ったんです。この主題歌は、三吉ちゃんが演じる奏という主人公の気持ちになって書いていたので、そこがリンクできたらすごく面白いんじゃないかなって。
三吉:「それはやらせてください!」と思いました(笑)。お仕事を通じてMs.OOJAさんと巡り会って、仲良くさせていただいて、人柄とか雰囲気がとても好きで、お姉さんのように慕わせてもらっているんですけど、まさかプロデュースを任せていただけるとは思っていませんでした。



――プロデューサーとして、ビジュアルのテーマなどはあったのですか?
三吉:プロデュースというのは初めての経験だったのですが、普段のMs.OOJAさんのメイクやファッションの感じも知っていますし、背が高くて服も似合いますし、自分ではメイクの挑戦などはあまりしないとおっしゃっていたので、着てみて欲しい服や、似合いそうなメイクなどをいろいろと考えていきました。

――三吉彩花のクリエイター・スピリットが刺激された?
三吉:そうですね。今までのMs.OOJAさんのイメージとは少し変えたいというのと、楽曲もすごく映画とリンクしているので、映画の雰囲気や空気感みたいなものが伝わりつつも、リンクさせすぎない写真が撮りたいなと思い、スタイリスト、ヘアメイク、カメラマンを誰にするか、スタジオはどこで撮るか、野外で撮るのか室内で撮るのかなど、いろいろと試行錯誤しながら決めていきました。さらに「HIKARI」というタイトルなので光にもこだわりたかったし、衣装の素材感というか、風に揺れた時にきれいになびくものを選んでいきました。



Ms.OOJAさん:三吉ちゃんは撮られる側のプロじゃないですか。これまでたくさん撮られてきた方だから、そのセンスは間違いないと思ったんですけど、こんなにきれいな子に撮ってもらうって思ったら、私もがんばって万全の状態で挑まなきゃということで、大好きなお酒も年末から断って、早寝早起きをして、ジムに行き、エステにも行きました(笑)。
三吉:Ms.OOJAさんは元々すごくスレンダーなのに、さらに骨格がきれいに出るラインになって、顔小っちゃ、足長っ、みたいな(笑)。完璧な状態で挑んでくださって、嬉しかったです。
Ms.OOJAさん:結果的にどれも見たことのない自分が写っていて、それがすごく嬉しくて、こんな一面があるんだって。これから先がまた楽しみになってきました。





三吉彩花主演、映画「犬鳴村」は2/7(金)公開!
ホラー映画の第一人者・清水崇監督が手掛ける、九州に実在する「最凶の心霊スポット」として有名な「旧・犬鳴トンネル」と、その近くに日本政府の統治が及ばない集落「犬鳴村」があるという「都市伝説」を題材にした作品です。
Ms.OOJAさんの主題歌「HIKARI」と共に、劇場でご覧ください!


■「犬鳴村」2020/2/7(金)公開
キャスト・スタッフ
出演:
三吉彩花
坂東龍汰 古川毅 宮野陽名 大谷凜香
奥菜 恵 須賀貴匡 田中健 寺田農 石橋蓮司
高嶋政伸 高島礼子
監督:清水崇
脚本:保坂大輔 清水崇
配給:東映
公式サイト:http://www.inunaki-movie.jp/

Top